プロフィール

内海 清佳 プロフィール

6歳よりピアノを始める。

宮城県石巻高等学校、宮城教育大学教育学部中等教育教員養成過程音楽教育専攻を経て、武蔵野音楽大学大学院音楽研究科博士前期課程器楽専攻修了。

修了時に、中学校教諭専修免許状(音楽)及び高等学校教諭専修免許状(音楽)取得。

武蔵野音楽大学同窓会主催の新人演奏会「むさしの会演奏会」に複数回出演。
これまでにピアノを楠田由貴子、藤木美津子、福原佳三、植木由利子、倉戸テル、田代慎之介の各氏に師事。また伴奏法を三ツ石潤司氏に、室内楽をC.ドル氏に師事。

現在ソロの他器楽伴奏やオペレッタ全幕におけるコレペティなども務め、多くの演奏会に出演。結婚式での生演奏やラウンジピアニスト、また様々なコンサートの企画・主催の経験も重ねる。

2019年8月、被災地出身の若手音楽家を中心として結成された合唱及びオーケストラ団体「コンソート・リアス」と、J.S.バッハ作曲のチェンバロ協奏曲第5番 BWV.1056 へ短調で共演。また同年12月、ヤマハ仙台サロンにて単独リサイタル開催。